メインイメージ画像

賃貸の物件を借りる場合は防犯の為に鍵を交換することが多々あります

家で気になるのはまずはやはり防犯です。防犯の鍵は、不動産の賃貸物件と密接な関連が有ります。元々物件に入居するとなると、鍵の交換料を支払わなければならない案件がほとんどです。

その訳としては、防犯性が挙げられます。賃貸物件は、色々な方々が入れ替わっている事が多いです。例えばAさんがある物件に入居するとします。しかし、Aさんがその物件に入居する前に、Bさんが住んでいた事があるのです。

いわゆる新築でない賃貸住宅の場合は、以前に誰かが暮らしている事も珍しくない訳です。そのためAさんとしては、防犯が心配になります。というのもBさんは、賃貸住宅の会社へ鍵を返却していない可能性もあるからです。BさんはAさんが居住している住宅に簡単に侵入できます。ですから賃貸会社は、防犯のため鍵を別の物に替えるのです。第一に賃貸住宅がBさんの所有している鍵で入れないように、新品と取り替えることもあります。

ですから、その物件に入る際に、上記のような料金支払いが生まれる事になるのです。

余談ですが、その料金がどれ位になるかは、賃貸会社によって異なります。2万円の会社もあれば、1万円台など多様です。そして賃貸住宅によっては、稀に鍵をリニューアルする事があります。ここ最近の傾向として、防犯のために鍵は電子錠が多くなってきています。一般的な金属媒体の鍵でなく、犯罪に遭いにくい鍵に多くの賃貸会社が変更しています。



一部では特定の鍵の業者と提携している事があるのです。特にマンションの物件等を管理している賃貸会社は、そんな傾向が顕著です。なぜならマンションには、たくさんの部屋があります。その全てに個別の鍵があるのですが、不動産会社ではその鍵を管理しきれないケースがあるのです。ですから、防犯のための鍵の管理を、特定の業者に任せているような賃貸会社も見られます。特定の業者と強いコネを持っている賃貸会社などもとても多いです。